Home‎ > ‎日記(2012年08月)‎ > ‎

2012-08-09 負け組疑惑

2012/08/13 1:34 に J D が投稿   [ 2012/08/13 1:34 に更新しました ]
  • 金融資産5億円以上の人を超富裕層と呼ぶそうです。
  • 金融資産1億円以上の人は富裕層
  • 金融資産0.5億円以上の人を準富裕層 
  • 金融資産0.3億円以上の人をアッパーマス層
  • 金融資産0.3億円以上の人はマス層
金融資産が1億未満の人は、銀行窓口で、整理券とって並びます。
金融資産が1億以上の人は、プライベートバンキングで優遇してもらえるので、窓口とかには並びません。

1億未満は庶民で、上流階級として扱われるの1億以上の人限定

不動産が1億以上ではダメです。
預貯金、現金、株などの金融資産で1億以上です。

1億以上の上流階級以上は125人に1人(0.79%)なので、学年に1人はいるそうです。
0.5億以上は20人に1人(4.89%)なので、
1クラス40人として、クラスに2人はいるはず。

手取り年収2000万で、家賃150万のマンションに住んでる人いました。
家賃だけで年間1800万。残りは200万なので、月額16万円。
家賃の比率が高すぎると思うのだけれど、きっと給与以外にも金融資産があって収入があるのだと思います。

家賃は100万円でちょっとだけお釣りがくるくらいという人もいました。

二十歳の誕生日だから2千万のネックレスをもらったという人もいました。

こういう人たちは、きっと上流階級だと思いますが、意外と身近にいるものです。

日本人の金融資産の平均は1259万円だそうです。

負け組のようなきがしてきました