Home‎ > ‎日記(2012年02月)‎ > ‎

2012-02-07 ビデオを見て走りを反省

2012/06/08 18:21 に 桃桜 が投稿   [ 2012/06/08 18:24 に更新しました ]
2012-02-07
 自分の走りのビデオじっくりみて課題を洗い出しました

速度落とし過ぎで問題発生

  • エンブレが早い 
  • ブレーキ使うほど速度が残らない 
  • 速度落ちているので、ブレーキで減速できない(減速すれば握りゴケ)
という状態になっているので、いろいろ問題が起きています 
  • ブレーキ使う余地ないので、リアブレーキでインに切り込む旋回ができない 
  • ブレーキで車体を沈められないので車体が浮いていてグリップが弱い 
  • アクセル開ける時にブレーキ引きずれないので、滑らかな加速開始ができない

加速対応意識しすぎで問題発生

加速で上体が起きて上がってしまわないように体を前にもっていくが、その加速対応姿勢に問題がたくさんあった。 
  • 股関節を起点に前傾しちゃうので、尾てい骨が浮き後輪から加重が抜ける 
  • 股関節を起点に前傾しちゃうので、肩が前に移動する量が大きくなりすぎ 
  • 肩が前に行きすぎるので、ハンドルとの距離が狭くなり操作が窮屈 
  • ピッチングで前が持ち上がる以上に前傾してしまい、加重が前に行きすぎ 
  • 前に行きすぎるので、ハンドルに体重が載ってしまう 
  • 前傾が深すぎるので、ステップがしっかり踏めない

アウト側の肩が前に行かない

旋回時にアウト側の肩が前に出て行かないので問題多発 
  • 左旋回時にアクセル操作が出来ない 
アウト側の右肩が前に出て行くかないので、ハンドルと肩の距離が多きくなり、右腕が伸びきってしまう 

  • アウト側の肩が前に行かないのにイン側だけ後ろに引くと上体が起きる
  • アウトの肩が前に行かず、インも後ろに引けないと、肩が外を向く 
肩が逆ハンドル切っている状態になっている

上体を倒しこめない

旋回時にイン側に上体を倒すが、45度くらいで倒すのをやめてしまう 
それ以上深く上体を倒すことを無意識に恐れているのかも 
上体の倒し込みにリミッターがかかっているような感じ。 
そのため、深いバンクをする時に、リーンアウトしている意識は無いのに、リーンアウトの姿勢になって上体を外に逃がしているような姿勢になってしまう
  • 車体だけ倒すので、体の重心を中に持って行けず旋回力が生まれない 
  • 車体だけ倒すので、バンク大きくなりグリップ力の限界に近く危険 
  • 車体だけ倒すので、靴のつま先が擦れて減る 
  • ラインが膨らんだ時に、車体だけ寝かし上体は外に残る

侵入がパイロンに近すぎ

コーナーへの侵入時に旋回を始める場所がパイロンに近すぎ。 
パイロンとの距離を開けて大きく入っていかないので問題多発 
  • 立上りがパイロンの奥、次のパイロンに近い場所になり加速区間が短くなる 
  • 立ち上がると直ぐ次のパイロンなので、余裕がなくなる 
  • 車体を起こす前に次のターンに向けて一気に切り返すので、前輪が逃げやすい 
  • 旋回真っ最中に次のターンに視線を送るので、上体が外を向いてしまう(車体は右旋回、上体は左向きという状態になる) 
  • パイロン裏での旋回量が大きくするため、加速開始してもバンクして旋回続けてる(開け急ぎというか、旋回終了遅れで、加速時でもまだ旋回してる)

背中が真っ直ぐ

骨盤立てて、背骨を曲げて前傾する姿勢がとれていなくて、 骨盤立てて背中が真っ直ぐか、骨盤と一緒に背骨も前傾になっていて問題多発 
  • 重心に座ると肩がハンドルから遠くなり、操作しにくい 
  • ハンドルとの距離を操作しやすい距離にすると、前傾し過ぎで重心が前 
  • 上半身棒立ちで重心が高い

悪いクセが悪化しないか不安

速度と加減速、前傾角度、肩の位置、左右の倒し込み、背中の曲げ 
課題がたくさん有り過ぎです。 
全部に気を配って走れるのはムリそうなので、 1つづ直していくしかないだろうと思います。 

でも、どれか1つを直そうとして、他を放置すると、 
他の悪いクセが固定してしまいそうで不安