Home‎ > ‎日記(2012年01月)‎ > ‎

2012-01-31 フォーム改善

2012/06/08 1:28 に 桃桜 が投稿   [ 2012/06/08 1:31 に更新しました ]
2012-01-31

ビデオ撮りで反省

自分の走りをビデオ撮り。欠陥多数発見。
改善点がたくさん見つかりました

欠点

  • アウトの肩が後ろに引けている
頭がインに入っているので体が中に入っていると思っていたのに、ビデオで見るとアウトの肩につられて体が外に逃げていました
  • インの肘が伸びている
リーンウィズのつもりでしたが、ビデオで見るとインの肘がつっぱていてリーンアウトになっていました。
ブレーキかける時に、無意識に腕で状態を支えていたので肘が伸びていることに気づきました
  • 加速時尾てい骨が浮き後輪から加重が逃げる
加速するとき上体を前に持っていく際に、股関節を曲げている。
股関節を曲げるので、上体の前傾につれ骨盤も前傾し、尾てい骨が浮く
尾てい骨が浮き、着座面が前に移動し、重心が前に行く
重心が前に行き、前輪に加重が増え、その分だけ後輪から加重が抜る
後輪から加重が抜けると、グリップ力が減る
グリップ力が減りトラクションがかけられない。
トラクションかけると、グリップが小さいのでスライド起こし不安定になる
  • 加速がブレーキングと分離している

加速開始前にブレーキングが終わってしまっている時がある
ブレーキにより車体を路面に押し付けていない状態で加速開始しているので。加速開始がスムーズでなくガクンとなるし、前輪の浮きも大きくなる。

  • 加速開始時に上体が遅れる

減速の最後で加速開始する時、上体が減速姿勢のままで加速対応できてない時がある

改善点

以上の反省からの改善点

  • 肘の動きの改善
  • 腕に力が入らないようにハンドルは外から握る
  • ブレーキ時のニーグリップ強化で腕は脱力
  • ターンに入る時はインの肘を脱力して、折りたたむ
  • インの肘を折りたたんで、外側斜め下にもっていく
  • 外側斜め下に落としたインの肘につられてアウトの腰を被せる
  • アウトの腰を外側から被せながら、アウトの肩も腰に連動
  • 加速の改善
  • 尾てい骨への加重を意識し、無意識に着座面を動かさない
  • 常時、お尻の背中側への加圧を意識し、加圧点の変化は認識する
  • ブレーキングの改善
  • コーナー侵入時は前ブレーキで減速し、極力長く前ブレーキを引きずる
    (フロントフォークを立て続け、旋回性を上げ続ける)
  • アクセルを開け始めるまでブレーキを引きずる
    (ブレーキ終了後アクセルだと前が大きく浮く)
  • アクセル開け初めてもブレーキが少し残っている感じ
    (ブレーキで車体沈めておきながら、加速開始して浮きを押さえる)
  • コーナー出口の最後の一瞬は後ブレーキで内側に切り込ませる
  • 減速から加速への切り替えの改善
  • ブレーキを残しつつ加速開始する時は、減速姿勢を終える
    (ブレーキを残しているが、減速姿勢をしっかり終えてから加速開始)
  • イン・アウト加重の改善
  • インの肘を外側下に落とすのと同時に、シートのイン側に加重
  • シートへの加重で足りなければステップを踏むが、シート加重先行
  • 早いリズムの左右切替えしで、シート加重が間に合わない時はステップ加重
  • ロングターンの(Rが大きく長いターンへの対応)
  • ターン中にエンブレを含めてブレーキを使わない
    (アクセル一定、ブレーキ禁止)
  • 旋回中の膨らみは、アウトの膝をインに押し車体を倒して抑える
  • アウトの膝をインに押して倒す時、イン側ステップも少し押し下げる
    (膝での倒し込みが主体)
  • リーンインの改善
  • イン側の膝で車体をアウトに押す
  • ハンドルをアウト側に平行移動させる感じで振り出す
  • リーンアウトの改善
  • 車体が倒れ切れ込んでいく動きをハンドルで抑制しない
    (怖がらずドンドン車体を倒していく)